萩原朔太郎〜近代詩集

萩原朔太郎が好きなので・・・近代詩集ばかり集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

新編 中原中也全集〈第2巻〉詩(2) (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
21世紀のこどもたちに贈る、日本近代詩の結晶!

没後60年を経て角川版旧全集を全面改訂。30年ぶりの本格的定本全集!「本文篇」「解題篇」2分冊構成。第2巻は未発表詩篇をすべて収録。1巻とともに詩業の全貌をとらえる。



内容(「BOOK」データベースより)
4冊の草稿ノートを復元し、生前未発表の詩篇225篇を年代順に全収録した新構成。「本文篇」「解題篇」の二分冊構成。

北原白秋詩集 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「私の故郷柳河は水郷である。さうして静かな廃市の一つである。」北原白秋の詩集『思ひ出』は、幻灯かキネマの影のようにほのかに甦る郷愁の風景を、繊細無比な言語芸術へと昇華した。人妻との許されざる恋、その果ての牢獄生活など、波乱の生涯を送りながら、白秋の詩心は幾重にも輝き続ける。異国情緒溢れる絢爛彩華の処女詩集『邪宗門』から、東洋的な枯淡の境地に達した晩年の作品まで、天才的な言葉の職人の手になる忘れがたい詩のエッセンス。

測量船 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。無限のイメージを喚起するわずか二行の詩「雪」他を収録の第一詩集『測量船』。「乳母車」「甃のうへ」、「鳥語」「獅子」等、日本古典の詩風と西欧象徴詩風が混然と融合し、魅了する全九十二篇(「測量船拾遺」を含む)。新詩の可能性を追究する若き詩人・達治が“現代抒情詩”を展開させた画期的詩集。

中原中也全詩歌集〈上〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
孤独な魂の叫びを2冊の詩集に托して逝った早世の詩人。「汚れつちまつた悲しみに」、と詠った早熟老成の詩才。生涯を懸けて己れに徹し、誠実、過激に生きた詩人の刊行詩集『山羊の歌』『在りし日の歌』を全篇収録の上、短歌、俳句、新発見詩篇をも加えた未刊詩篇全270余を詩想、詩法の関連から緩やかに分類し、新たに編纂し、甦った中原中也の全体像を上下2巻に定着した決定版詩集。

北原白秋童謡詩歌集 赤い鳥小鳥 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
みずみずしい詩情・美しいことば。ことばの魔術師、白秋の童謡・詩・民謡から短歌までを一望。

内容(「MARC」データベースより)
早熟の天才、ことばの魔術師と呼ばれる近代詩人・白秋のいまなお新鮮さを失わぬ作品の数々。そのみずみずしい詩情・美しいことばが日本における近代象徴詩の先がけをなした彼の、童謡・詩・民謡から短歌までを集めた。

Ambarvalia―西脇順三郎詩集 (単行本(ソフトカバー))

内容(「MARC」データベースより)
ラテン詩人ティブルルスの作と伝えられている作品の訳を中心とした詩「Ambarvalia」を表題にした詩集。著者が英国から日本に帰って以後に作られた作品を集めている。美しい強烈なイメージによって書かれた旅の詩が多い。〈ソフトカバー〉

金子みすゞてのひら詩集 (1) (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
上の雪 さむかろな。つめたい月がさしていて-。いつもそばに金子みすゞの童謡を…。そんな方にバッグにもポケットにもすっぽりおさまる、かわいい詩集ができました。愛らしいいもとようこの絵が彩りを添えます。

流浪―金子光晴エッセイ・コレクション (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
戦時下日本で反戦詩を書き続け、「抵抗詩人」と呼ばれた金子光晴のベスト・エッセイ集。本書では自伝と、アジア、ヨーロッパ紀行を収める。幼少時に若い養母に育てられ、早く性に目覚めた青年は、反抗と放蕩を繰り返した後、森三千代と結婚。三千代を巡る三角関係解消のために、夫妻は貧乏旅行に出発、数々の強烈な体験をする。だが、帰ってきた日本こそが「異国」だった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
金子 光晴
詩人。1895年愛知県生まれ。1919年、処女詩集『赤土の家』発表後、渡欧。’23年『こがね蟲』刊行。翌年、森三千代と結婚し、’28年ヨーロッパ、アジアへ。’32年帰国。’37年『鮫』、’48年『落下傘』刊行。抵抗詩人と呼ばれる。’53年『人間の悲劇』で読売文学賞受賞。’75年死去

大庭 萱朗
1962年北海道生まれ。出版社勤務を経て、文芸評論家・フリー編集者として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

砂金 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
唄を忘れた金糸雀は、赤い緒紐でくるくると縛められて砂の上-。歌謡曲のヒットメーカとして知られた著者の詩集。大正8年尚文堂書店刊の初版本を底本に、送り仮名、句読点を底本通りにし、デザインを模した装丁で再刊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
西条 八十
明治25年生まれ。明治44年(1911)早大英文科予科に再入学、東京帝国大学文学部国文学科選科にも籍を置く。明治45年・大正元年(1912)早大英文科本科に進学。大正4年(1915)6月、早大英文科を卒業。大正8年(1919)6月、第一詩集『砂金』を刊行。昭和4年(1929)夏、「東京行進曲」を作詞、中山晋平作曲でレコード化され、短期間に二五万枚を販売。昭和25年(1950)5月、日本詩人クラブが創設され、初代理事長となる。昭和28年(1953)日本音楽著作権協会会長となる。昭和37年(1962)2月、芸術院会員となる。昭和39年(1964)5月、日本詩人クラブ会長となる。昭和40年(1965)6月、日本音楽著作権協会会長を辞任。昭和43年(1968)4月、勲三等瑞宝章を受賞。昭和45年(1970)5月、日本詩人クラブ会長を辞任。8月12日死没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

宮沢賢治詩集 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
賢治は「歩く」人だった。…彼はときに風景の向こう側へと飛翔する。「春と修羅」をはじめ全詩からセレクト。岸本葉子のエッセイも収録。大きな文字、やさしい表記、親切な脚注で名作が読みやすいシリーズ。

/ 墨田区紀行/ 千葉の印刷なら千代田印刷/ 美容外科/ ハロー!江東区!/ 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」/ 横浜関内リラクゼーションサロンDIO/ 幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク/ GOGO!江戸川区!/ アキバ中毒のページ/ 電子たばこ/ 台東クラブ/ 台東紀行/ 高収入バイト情報/ 鶯谷・うぐいすだに/ 日暮里 鶯谷 上野 ニュース/ 東京ぶらぶら/
/

oooアメ横一番!ooo 山手線エリア~銭湯~ooo ガシャポン戦死!ooo 千葉の醤油ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo おいしいくだものメニューooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo 千葉の駅集めましたooo 千葉野菜王国ooo 東京都台東区根岸を紹介するページooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 千葉とんかつooo 電子たばこooo シブヤをよく知る為のサイトooo 東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo おそれ入谷の鬼子母神ooo 巣鴨で散策!ooo フード、ドリンク.コレクションooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo